安住の地までいじめから逃げて生き抜いてください。

ぜひ逃げ延びて自分を受け入れてくれる場所にたどり着くまで

ニュースで流れているようないじめと言えるほどのものではなかったけれど、クラスメイトとうまく馴染めず、友達をうまく作ることのできない子どもでした。

両親は厳しく、我慢を美徳とする教育方針だったので、学校が楽しくないことを訴えても、こちらの悩みの核心を捉えた言葉は返ってこず、むしろ馴染めない自分への叱責に終始する家庭でした。
そういう生活が、中学生頃まで続きました。

そんな中、あるバンドの音楽に惹かれ、毎日そのバンドの音楽を聴いたり雑誌を読んだり、とにかくはまりにはまっていました。
今思い返すと、自分自身の唯一の逃げ場だったのだと思います。家庭や学校から逃れられる場所。

大人になった今思うことは、どういう手段であれ、苦しい時間を乗り越えて大人になって良かったということです。
自分の努力や工夫で道を切り開くことができるから。
自分の力でお金を稼いで、生活を築いていけるから。

学生時代が人生の華といった風な表現がされることもありますが、やはり人生の醍醐味は自分で自分の生きる道を切り開くことにあります。
でも、その力が持てるようになるまで生きていなければ何の意味も成しません。

いじめを受けている人、明日から生きるのが嫌だという人に対して、「わかる」なんて軽々しくは言えません。
学校や家庭しかコミュニティがない閉鎖的な生活の中でいじめを受け、家族からの理解も得られない、相談できる友人もいない、その過酷さは大人には決して理解できないものだと思います。

だから、「学校や家族の中に、必ず理解してくれる人はいる」などと軽々しく言うことはできません。
そういう人がまったく居ない状況は有り得ます。
仮にいたとしても、いじめられている本人がそれに気づけなかったり、SOSを発することができなければ、それは居ないのと同じことです。

どんな手段でもいいから逃げ延びて生きてほしい。
学校や親が信用できないなら、いじめの窓口やシェルターなど、勇気を出して逃げるための手段を考えてほしい。

逃げることが悪と思わないでほしい。「いじめ」という手段で向かってきている相手に、真面目に取り合う必要なんて一切無いのです。

大人になった時に見える景色はきっと変わるから。
親や学校は自分の意思では選べなかったとしても、大人になったら自分の生きる道を選ぶことができるのだから。
そして、自分で自分の人生を切り開いた先に、大人になった自分自身を受け入れてくれる人は必ずいます。
その日までどうか、逃げて逃げて逃げ切ってほしい、そう思います。