中学生時代はずっといじめられていました。

中学時代に受けたいじめについての話

私は中学校時代にいじめを受けていました。いじめの内容としては毎日クラスの所謂不良グループの子達に殴られたり蹴られたり、バケツいっぱいの水をぶっかけられたりなどの直接的な暴力行為が主でした。

『このままでは、自分はボロボロにされてしまう』。

そう思った私は最初は親や先生にも勇気を出して相談をしてはみました。が、状況が改善する事もありませんでしたし、かえっていじめは激しくなる一方でした。次第に私はそんな日常に嫌気がさし、或は恐怖に耐えきれなくなって遂には不登校になってしまったのです。

勇気を出して登校した事もありました。けれど、待っているのは決して平穏な学校での生活ではなくやはりいじめでした。

放課後まで何事もなかったと思えば校門で待ち伏せにあった事もありましたし、どこかに連れて行かれそうになったりお金を取られそうになったり色んな事がありました。かばってくれるクラスメイトも沢山居ましたが、卒業まで私はずっといじめられ続けたのです、とても辛かったです。

そんなこんなで私にとって中学校時代は正直言って何もかもが楽しくなくなってしまった時期でもありましたし、歪んでしまった時期でもありました。学校に通わない事で親とはそりが合わなくなりいざこざがかなり増えましたし家出をしたり、問題を起こしたりすっかりグレてしまって、色んな方に迷惑をかけてしまいました。

その事は今でも深く反省しています。

最後になりますが、客観的に見ていじめられた事自体は絶対に加害者が悪いのだと私は思っています。が、私に限って言えばそうではなくて私にもいじめられる原因は大いにあったように思います。

内向的で他人とうまくコミュニケーションが取れず素直になれなかった自分は角が立つタイプでしたし、そのせいで悪い意味で目立っていたのは確かなのですから。もっと人に痛みや気持ちを分かって行動することが出来ていれば、こんな目には合わずに済んだかもしれませんね。